2008年【神戸新聞杯】予想見解

阪神「神戸新聞杯」3歳G2 芝2400M

秋初戦から巻き返しへの意気込みを感じるブラックシェルを中心に狙いたいと思います。ダービー馬・ディープスカイが余裕残しの仕上げであるのに対し、ブラックシェルは先週、先々週と武豊自らが追い切りを務めるほど。現時点の充実度では明らかに一歩リードといえます。

NHKマイルCでは、勝ったディープスカイに着差以上の力負けという内容でした。しかしダービーでは1コーナーではさまれ急ブレーキをかけた不利が最後まで尾を引いてしまったための3着で、不利がなければそれほどの差はなかったはずです。

ディープスカイはNHKマイルCとダービーで変則2冠を達成。ダービーは良馬場発表でしたが雨の影響が残る荒れた馬場でしたから、状態の良い外から追い込んできたディープスカイは、内目を走っていた馬よりは有利であったはず。ダントツに強いとは言い切れません。

スマイルジャックは、ダービーで馬場の悪い内々を通って2着。ハナに立ちゴール前でグッと引き離したスプリングSの強い内容から、阪神の急坂も問題ありません。上位2頭の追い出しのタイミングが遅れれば、接戦の可能性もあります。

◎ブラックシェル
○ディープスカイ
▲スマイルジャック
△オウケンブルースリ