2008年【根岸ステークス】予想見解

東京「根岸ステークス」4歳上G3 ダート1400M

ダート1400メートルの実績からトウショウギアを本命に。このコースのレ コードホルダーとなったときが58キロ。2走前は59キロを背負って1分22秒8 を記録しているほどの馬が今回は56キロ。

問題は前走がいかにも悪すぎるということ。しかし58.5キロで超ハイペー スを好位で追走、前半3ハロンの通過が33秒2では失速して当然です。

マイルのフェブラリーSよりも適距離のここが目標であると考えれば、失速 というよりは無理をさせなかったという解釈もできます。ここは前走を無 視して、素直にチャンスと考えるべきです。

相手筆頭は、初ダートの前走が強かったマイネルスケルツィ。残り200メー トルを過ぎて抜け出したところを2着馬(スリープレスナイト)が猛然と追 い込んできましたが、これを楽々と押し切りました。ここでも好勝負可能。

先週の坂路で47秒3という破格の時計を馬ナリで記録したシンボリグランが 絶好調。脚抜きのいい馬場になるようなら上位争いに加わってきます。

人気のワイルドワンダーは、久々ですが中間の本数が足りないような気が します。ここは調教使いと見て押さえまで。

◎トウショウギア
○マイネルスケルツィ
▲シンボリグラン
△ワイルドワンダー