2008年【オークス】予想見解

東京「オークス」3歳G1 芝2400M

桜花賞では出遅れて終いに賭けるしかなかったリトルアマポーラ。4コー ナーでは大外を回ったロスもあって届かずの5着でした。

その前のクイーンカップは快勝したものの、2走続けての関東遠征という こともあり大幅な馬体減、その反動も多少あったのでしょう。

しかし桜花賞で最速の上り時計を記録したように、直線で一緒に伸びてき たトールポピーをゴール前では引き放しました。負けはしたものの能力の 高さをハッキリと示していたといえます。

本来であれば、大外枠は決していいとはいえません。しかし雨で馬場が悪 化するようであれば、馬場の荒れていない外々を追走できるのでかえって 有利です。

トールポピーは阪神JFの勝ち馬。桜花賞で1番人気を背負いましたが8着。 マイナス10キロと大幅な馬体減が原因でしょう。その前のチューリップ賞 がそれほど消耗の激しいレースではなかったはずですから、中間で攻めす ぎたか、体調を落としたかです。

このコースで行なわれたダービーとJCを勝ったジャングルポケットの産 駒ですから距離が伸びた今回こそ本領発揮かもしれません。この馬も馬場 が悪化すれば外枠の分有利となります。

潜在能力が一番高いのはオディールです。チューリップ賞では1000M通過が 61秒3と、マイルにしては超スローの競馬。普通4コーナー11番手から大外 を回ってハナ+ハナ差の3着まで届くものではありません。

ラスト1ハロンは、私の推定で10秒台前半。桜花賞の見解でも書いたとおり ケタ違いの強さといえます。前走が悪すぎたことと距離に不安があるため 本命にはできませんが、大逆転があるとすればこの馬です。

◎リトルアマポーラ
○トールポピー
▲オディール
△ソーマジック・レジネッタ・レッドアゲート