2008年【桜花賞】予想見解

阪神「桜花賞」3歳G1 芝1600M

チューリップ賞は1000M通過が61秒3と、マイルにしてはスローというより 超スローの競馬でした。当然上りは速く4コーナー11番手から大外を回っ て届くものではありません。

その結果3着と敗れはしたものの、時計差なしのハナ+ハナ差まで追い詰め たオディールの強さはケタ違いといえます。レースの上りはラスト1ハロン が11秒8ですから、前は全然止まっていません。

オディールのラスト1ハロンは、私の推定(誤差はご容赦ください)で 10秒台前半。これはディープインパクト級と申し上げておきます。

さらにこの馬の凄いところは、阪神JFでハイペースを早めに動いて4コー ナー2番手から4着と粘ったところ。行って強し、終いに徹しても良し。 混戦とか言われておりますが潜在能力では抜けております。

今回もペースはけっして速くはないでしょうが、前走ほどの超スローは さすがにないと思います。また内目の枠を引いたので前走よりは若干前方 の位置取りとなるのではないでしょうか。アッサリ突き抜けて不思議あり ません。

相手の筆頭はエイムアットビップ。フィリーズレビューの大負けは中間 の熱発が影響したものと判断し、阪神JFの3着を素直に評価します。

阪神JFで6着のレジネッタは、ハイペースを先行した分の0秒5差。スター トが決まれば前々で競馬するタイプ。となればスローの展開で残る可能 性もあります。

◎オディール
○エイムアットビップ
▲レジネッタ
△リトルアマポーラ・トールポピー・ソーマジック