2008年【ローズステークス】予想見解

阪神「ローズステークス」3歳G2 芝1800M

いきなり桜花賞馬とオークス馬が登場し人気を分け合っておりますが、潜在能力ではこの2頭と互角、もしくはそれ以上と思われるオディールを本命にします。

オディールについては、桜花賞の予想でも書きましたが、チューリップ賞の内容が圧巻でした。1000M通過が61秒3と、マイルにしてはスローというより超スローの競馬。当然上りは速く4コーナー11番手から大外を回って届くはずもなく3着と敗れました。

しかし時計差なしのハナ+ハナ差まで追い詰めた末脚の爆発力はケタ違いといえます。レースラップもラスト1ハロンは11秒8と相当速かったのですが、オディールのラスト1ハロンは、私の推定で10秒台前半。これはディープインパクト級です。

桜花賞ではケイコが軽過ぎたのが影響したらしく期待に応えてくれませんでしたが、オークスでは本来の力を発揮。直線でカットされる不利がありながらゴール前で再度追い上げて5着に入線した地力は、勝馬以上のものでした。

今回は久々ですが、気性的にはかえって使い込むよりはいいような気もしますので、好勝負を期待します。

桜花賞馬レジネッタは札幌のクイーンSで古馬相手に2着。スローペースの外々を回ってぎりぎり迫った内容は勝馬以上。ひと叩きされたアドバンテージがあるように見えますが、その分この中間は楽をさせております。あくまでもここは調教がわりの一戦。

クイーンSの4コーナーでレジネッタよりも大外を回らされたメイショウベルーガは最速の末脚で追い込みましたが7着。坂路で抜群の動きを見せており順調度からはこの馬。直線の坂で一気に差し届く可能性もあります。

オークス馬トールポピーは、この阪神外回りコースで行われた阪神JFも勝っているG1実績2勝の馬。ただ、馬なり中心でいかにも本番を見据えた仕上げですので押さえ程度に。

阪神の忘れなぐさ賞を勝っているムードインディゴもクイーンSで大外を回された1頭。そのときの大幅な馬体増は成長分といわれておりますが、ひと叩きされた上積みもありそうです。

◎オディール
○レジネッタ
▲メイショウベルーガ
△トールポピー・ムードインディゴ