2008年【秋華賞】予想見解

京都「秋華賞」3歳G1 芝2000M

前売りオッズを見るとやや過小評価されている感じですが、桜花賞、オークスともに2着と実績がある上に、ひと夏越しての成長力も見込めるエフティマイアから狙います。

久々のクイーンSがプラス24キロと太目残り。急仕上げであったことは間違いなさそうですが、古馬相手0秒4差の5着と好走したのですから成長分もあったのでしょう。

桜花賞では減りすぎていた馬体で2着しましたが、勝ったレジネッタには完敗。あの馬体減りがなければという気持ちが陣営にはあったようで、今回は月曜に本追い切りを消化して、木曜は軽く馬ナリを1本。輸送で大幅に減ることもなく、桜花賞、オークスを上回る力を発揮できれば好勝負となります。

大外に入ったことと、今回は終いに徹する可能性もあるため本命にはしませんでしたが、破壊力ナンバーワンのオディールが対抗。超スローのチューリップ賞で4コーナー11番手から大外を回ってハナ+ハナ差の3着まで迫ったラスト1ハロンは私の推定で10秒台前半。あっと驚く大逆転があるかもしれません。

レジネッタの前走ローズSは、メルマガで書いたように、中間楽をさせており、あくまでも調教がわりの一戦でした。しかし予定通り万全の態勢かどうか、この中間もちょっと軽すぎる印象があります。

また距離について、マイルの桜花賞が着差以上の強さでしたが、オークスでは不利がなくても勝つまではいかなかったと思います。この2000メートルも若干長い気がします。

ムードインディゴはローズSで4コーナー大外を回りながら最速の上がり時計をマークし2着。輸送減りするタイプの馬ですから、輸送距離の短い京都で前走以上のパフォーマンスも考えられます。

◎エフティマイア
○オディール
▲レジネッタ
△ムードインディゴ・リトルアマポーラ・トールポピー