2008年【高松宮記念】予想見解

中京「高松宮記念」4歳上G1 芝1200M

中京競馬は今回10日間開催の10日目。馬場がそれほど悪化しているとは 思われませんが、今日の1000万クラスのレースでは、外枠から外々を回っ た馬が豪快な差しを決めました。

前半が33秒3と速く前の馬がタレた分もあったのでしょうが、仮柵を設置 したばかりの先週ほど先行馬に有利な状況ではないようです。

しかしさすがに1番枠のスズカフェニックスは、一旦後方に下げ3〜4角を マクるような大味なレースをする以外にないでしょう。

隊列は早めに落ちつきそうな先行勢で馬群はダンゴ状態になりそうだし、 かといって前半で中途半端に脚を使うと決め手が生かせないからです。

久々を一叩き、それも59キロであえて無理をしなかった阪急杯の2着から 着実に上昇気配。臨戦過程を含め実力も文句なしではありますが、この枠 をきらい、あえて▲に回します。

ここは前半でもある程度の脚を使える、中良し・終い良しのスーパーホー ネットを軸として狙います。昨秋はマイルチャンピオンシップでダイワメ ジャーのクビ差2着と健闘しましたが、元々潜在能力の高い馬が体質の強 化により力を出し切れるようになったということでしょう。

今回は4ヵ月半ぶりとなりますが、3走前、ポートアイランドSでの圧勝を 思い出すと、逆に休養明けの方が走りそうな気もしてきます。実際に今週 の追い切りでは坂路で800M51秒8から400Mは24秒2という終いの鋭さを披露、 力を出し切れるデキにあります。

相手の筆頭はローレルゲレイロです。阪急杯で本命に推した時にも書きま したが、2走前の東京新聞杯の内容が秀逸。好スタートからハナを切り、 3角過ぎで先頭を譲るという厳しい展開にもかかわらず、内から差し返し、 そのまま押し切ってしまいました。

ここにきての地力強化は、続く阪急杯を勝ったことからも明らかです。外 枠が少し気になりますが、テンで無理なく内に切れ込んでいくことができ れば際どいレースも可能です。

◎スーパーホーネット
○ローレルゲレイロ
▲スズカフェニックス
△キンシャサノキセキ