2008年【宝塚記念】予想見解

阪神「宝塚記念」3歳上G1 芝2200M

メイショウサムソンは昨年、天皇賞を春秋連覇、ジャパンカップが微差 3着。有馬記念でガタッときてしまいましたが使うべき状態ではなかった と推測しております。ということで、ここで実績は断然。

今期は久々の大阪杯が6着と惨敗でしたが、天皇賞(春)の見解で書きま したように、久々で59キロということで、勝つ気のない余裕残しの仕上げ でした。

前走の天皇賞(春)はアタマ差で2着と惜敗しましたが、3着アサクサ キングスとは2馬身半差でほぼ復活。さらに調子を上げている今回は好勝 負となるでしょう。重馬場に関しては、以前渋った馬場を気にしていた という話もありましたが、実績からは問題ありません。

天皇賞(春)でメイショウサムソンに差をつけられたアサクサキングス よりも可能性を強く感じられるのがロックドゥカンブです。昨秋の菊花賞 では位置取りが悪く直線の前半で脚を使い過ぎてしまったため最後は詰め 切れずに3着。

しかし先行有利の展開で終いよく追い込んだ有馬記念の4着は、力を示し たといえます。久々の目黒記念は宝塚記念を見据えた余裕の仕上げでした が今回は万全です。

500万条件を勝ったときの話ですが、雨の降る重馬場で差し切った脚はか なり鋭かったです。馬場が悪化して一番有利となるのはこの馬ではないで しょうか。

◎メイショウサムソン
○ロックドゥカンブ