2009年【ジャパンカップダート】予想見解

阪神「ジャパンカップダート」3歳上G1 ダ1800M

G1級8勝と実績断然のヴァーミリアン。年齢的な下降がないかどうかがポイントです。

9歳までがんばった兄のサカラート同様、まったく衰えていないと調教師も強気。

8歳でG1を連覇したカンパニーの例を出すまでもなく、管理方法が進化していることも確か。というより、年間5〜6戦のペースで大事に使われてきているからでしょうね、パフォーマンスが劣化しないのは。

先週のJCでウオッカから降ろされた武豊、ここは意地を見せてほしいと思ってます。

フェブラリーS勝ちのサクセスブロッケンは前走、59キロで外枠から一気に脚を使いましたので失速も大目に見ましょう。今回は先行勢が強烈ですが、好位の内でジックリ追走できれば好勝負可能です。

3歳馬ではシルクメビウス。ラスト1ハロン11秒前半(推定)でぶっちぎった前走は他馬をまるで子供扱いでした。中1週続きですがキツイ競馬ではありませんでしたので大丈夫。今回も折り合い次第ではハマるかもしれません。

エスポワールシチーもサクセス同様、インでジックリ追走できるかどうかがカギ。外から押し寄せる先行勢に突付かれる展開にならなければ。

ヴァーミリアンと接戦を演じた前走がやや太目だったマコトスパルビエロも絞れてくれば好走可能。

ワンダーアキュートはデキが今ひとつといった感じで調子落ちと見て消します。

◎ヴァーミリアン
○サクセスブロッケン
▲シルクメビウス
△エスポワールシチー・マコトスパルビエロ