2009年【日経新春杯】予想見解

京都「日経新春杯」4歳上G2 芝2400M

有馬記念の2着がフロックでなければ、というか同様の走りができればアドマイヤモナークで仕方ないところです。有馬から1キロ増の58キロならハンデも恵まれたといえます。

有馬記念はダイワスカーレットを捕まえにかかった他の有力馬が直線で失速。勝ちに行った他の人気どころとは違い、無欲で終いに賭けたアドマイヤモナークは展開に恵まれたと言えなくもありません。

とはいえ、同じく終いに賭けたドリームジャーニー、アルナスラインに先着しているのですから、それなりに評価する必要はあります。ジャパンカップ、天皇賞(秋)の凡走はやはり東京コースの左回りが合わなかったということでしょうか。

未勝利から4連勝中のヒカルカザブエも人気になりそうですが、1600万の前走、直線のインから抜け出すときの脚は力強く、相当な力の持ち主であることは間違いありません。54キロなら面白い存在です。

1000万、1600万を連勝してきたドリームフライトも53キロなら穴人気となりそうですが、前走はあまり強い勝ちっぷりではありませんでした。しかし他馬が比較的緩んでいる正月明けの一戦で、12月に2勝してきた勢いは無視できません。