2009年【天皇賞・秋】予想見解

東京「天皇賞・秋」3歳上G1 芝2000M

422キロという小柄な馬体に59キロは重すぎたと思いますが、ドリームジャーニーの前走オールカマーで見せた末脚は、さすがという内容でした。

楽逃げのマツリダゴッホとは位置取りの差で2着。さらに今回分かったことですが、当時はまだ一息といったデキだったらしく急上昇した今回はどれほどの力を出してくれるのか、楽しみです。

左回りや渋った馬場(天気次第ですが)も以前ほど気にしなくていいでしょう。

ウォッカは昨年このレースで歴史的な名勝負を演じました。前走の内容から力落ちがウワサされておりますが、先に行って標的にされたこととカンパニーのデキが良かったということです。

今回はたぶん先には行かせないでしょう。馬群に入れて末脚に賭けるもよし、早めに抜け出すもよし。何よりも今回は56キロですから、圧勝も考えられます。

ジャパンカップの内容が忘れられないオウケンブルースリは59キロで勝った前走の内容から、ここでも好勝負。逆に斤量で心配なのはシンゲン。穴人気ですが押さえまで。

引き続き好調なカンパニーと、春の内容からサクラメガワンダーも少々。

◎ドリームジャーニー
○ウォッカ
▲オウケンブルースリ
△シンゲン
△カンパニー
△サクラメガワンダー