2010年【アルゼンチン共和国杯】予想見解

東京「アルゼンチン共和国杯」3歳上G2 芝2500M

オールカマーでは若干期待を裏切ったジャミール。 天皇賞(秋)ではなくここ1本に目標を絞ってきました。

秋天は賞金的に出走できるか微妙であったことも確かですが 減った馬体で使ったオールカマーの疲れも懸念されたからだと思います。

札幌記念では、函館からの輸送(往復)、
函館から栗東に戻る、
オールカマー参戦のため中山へ。
暑かったしあの馬体減りはデキを落としていたのでしょう。

オールカマーはメンバーがメンバーなだけに勝つことまでは無理としても 本来の力を出すことができませんでした。

3000メートルの阪神大賞典(G2)で2着したとき、 先日の京都大賞典(G2)を勝ったメイショウベルーガに先着。 これが本来の実力です。 距離が伸びてデキも戻った今回は好勝負可能です。

相手はトーセンジョーダン。 裂蹄で出世が遅れてしまいましたが、池江寿厩舎の期待馬です。 準オープン〜オープン特別と連勝し、いよいよ軌道に乗ってきました。

穴は長距離戦で500万、500万、1000万と3連勝したゴールデンハインド。 3連勝はすべてハナを切りましたが、今回はドリームフライトが逃げてその2番手。 この2頭が競ることはないので、スローに持ち込むことができれば残る可能性もあります。

◎ジャミール
○トーセンジョーダン
▲ゴールデンハインド
△スマートステージ・エアジパング・トリビュートソング・マイネルスターリー