2010年【阪神ジュベナイルフィリーズ】予想見解

阪神「阪神ジュベナイルフィリーズ」2歳G1 芝1600M

ダンズファンタジアの前走、赤松賞は牝馬限定の500万とはいえ サイレントソニック、デラコリーナ、トーセンインディなど重賞や OP特別でそこそこの成績を収めている馬が混じっていました。

スローであり、また馬にできるだけ負担をかけないように最低限の力しか 出していなかったため、勝ち時計も目立ちません。

だからレースというよりは、調教だと思ったほうがいいですね。

ラスト1ハロンで馬なりのまま抜け出して、その後も軽く追っただけの楽勝。 母のダンスインザムードが2戦目(若竹賞)を勝ったときもこんな感じでした。

レース後もすぐに時計を出し始めたように、ダメージは感じられません。 実績はともかく、潜在能力の高さで一歩リードしていると判断しました。

レーヴディソールは、デイリー杯2歳S(G2)がレコードに迫る好時計勝ち。 4コーナー大外を回りながら、余力たっぷりで差し切りました。

レース後は少し馬体を緩めたようですが、こちらも相当な能力の高さ。 今回はG1とはいえ牡馬混合の前走と違い牝馬同士。逆転も考えられます。

ホエールキャプチャはファンタジーS(G3)で時計差なしの3着。 出遅れて最後方から進出。直線では前が詰まる不利もありましたので スムーズに勝ったマルモセーラより高く評価できます。

前走はコースロスもあって状態も今ひとつだったマイネイザベル。 十分立て直された今回は、新潟2歳S(G3)勝ちの実力を発揮できそうです。

◎ダンズファンタジア
○レーヴディソール
▲ホエールキャプチャ
△マイネイサベル
△アヴェンチュラ
△フォーエバーマーク
△マルモセーラ