2010年【キーンランドカップ】予想見解

札幌「キーンランドカップ」3歳上G3 芝1200M

実績から考えるとローレルゲレイロが一気に逃げ切っても不思議 ない。ただ、走るときとそうでないときがハッキリしている点も 戦績から明らかです。

59キロでも、外から速い馬が来てもハナを切って行き切る以外に ない。本番のスプリンターズSに影響が出てしまうほど無理なレー スをさせることは考えられません。押さえまで。

ここは前走の函館スプリントS(G3)で圧勝したワンカラットを本 命に狙います。4コーナーすぎで一気に抜け出して突き放した脚 は、まさしく本格化した証し。スプリントでも、よりハイペース の中で折り合いがピタリとはまるタイプ。ここも期待します。

その函館スプリントSで2着のビービーガルダンは休み明けで 59キロを背負っていました。58キロでひと叩きした今回、前走 とは明らかに違います。ワンカラットとの一騎打ちかもしれま せん。

あと穴として面白いのが、トウカイミステリーです。洋芝の 適正はもちろん、上昇度はナンバーワン。33秒台の流れを楽々 と追走できるスピードはここでも通用します。

◎ワンカラット
○ビービーガルダン
▲トウカイミステリー
△ローレルゲレイロ・ジェイケイセラヴィ・モルトグランデ