2010年【京成杯】予想見解

中山「京成杯」3歳G3 芝2000M

新馬か未勝利を勝ちあがったばかりという馬が9頭も!ましてこの時季、仕上がり切っていない馬も多いでしょう。ある意味難しい競馬。

展開はスロー。人気上位馬は、みなスローで折り合えるお利口なタイプです。人気薄の逃げ・先行馬に注意する必要があります。

出遅れグセが気になりつつも、アドマイヤテンクウから。たぶん出遅れますが、出がよければ好位からの競馬も可能な馬だと思います。

ラジオNIKKEI杯では出遅れて後方から進出しましたが、直線では最内からグングン押し上げて5着まで。ゴール前は脚色がにぶりましたが、地力を感じました。もっともっと上昇可能な馬です。

相手はレッドスパークル。東京スポーツ杯2歳Sでは後方から33秒6の脚で追い込みましたが、元々は先行力のある馬です。藤田に乗り替わる点を強調しておきます。

ログは前走の未勝利戦でテンの3ハロンを34秒台で飛ばしながら好時計で勝ち上がりました。逃げて粘れる心肺能力の高い馬です。

エイシンフラッシュは未勝利戦でレッドスパークルを負かしています。ハイレベルの萩Sで3着、500万特別も勝っており実績的には一番ですが前走後に楽をさせている分、狙いを下げました。

◎アドマイヤテンクウ
○レッドスパークル
▲ログ
☆エイシンフラッシュ
△フーガフューグ・フラガラッハ