2010年【マイルチャンピオンシップ】予想見解

京都「マイルチャンピオンシップ」3歳上G1 芝1600M

エリザベス女王杯でイギリスから参戦したスノーフェアリーが勝ちました。 それもハンパない勝ち方で。 だからといって外国馬を見直そうというのでは、ブレすぎです。

そのザプレザですが、昨年と同様サンチャリオットS(G1)を勝ってからの来日。 昨年は3着と健闘しましたが、今年は馬がさらに強くなっているとのこと。 昨年の経験も生かされるでしょうから昨年以上も可能でしょう。

しかし外交も大相撲も押されてばかりの日本。 確かにメンバーのレベルも昨年ほどではありませんが、それだけに新しい力に期待します。

現在4連勝中のダノンヨーヨーは前走で初重賞勝ちとたいした実績はありませんが、 前走は人気薄の先行馬が2、3着に残る、差し・追い込み馬にとっては不利な展開。

しかし上がり33秒5の脚で差し切り。抜け出してからはソラを使うほど。 なので鞍上の北村騎手は、もっと追い出しを遅らせても良かったとコメントしております。

もう1頭は1600万を勝ったばかりですがゴールスキー。 今回と同じ舞台、京都のマイルでしたがラスト1ハロンは11秒を切っております。 何よりもひと叩きしての上昇度は一番。

◎ダノンヨーヨー
○ゴールスキー
▲ザプレザ
△スマイルジャック・ジョーカプチーノ・トゥザグローリー・ワイルドラズベリー