2010年【マーメイドステークス】予想見解

阪神「マーメイドステークス」3歳上G2 芝2000M

近走の実績からヴィクトリアマイル2着のヒカルアマランサスと3着のニシノブルームーンが人気上位を形成しております。

ヴィクトリアマイルのゴール前の脚勢では3着のニシノが明らかに上。ただしテンの3ハロンは34秒を切った超ハイペースを好位で追走して粘ったヒカルの方が潜在能力的には上位と見るべきでしょう。

ただし今回はニシノブルームーンを◎にします。前年のこのレースを52キロで2着したころに比べると、馬体も大きくなり3月の中山牝馬Sでは重賞初制覇と著しく成長。ハンデも55キロなら好勝負間違いなしです。

ヒカルアマランサスは、ヴィクトリアマイルではマイナス8キロとギリギリの仕上げで、前述のようにハイラップを追走。かなりダメージは大きかったと見るべきです。

たぶん、ここを使うかどうか陣営は迷ったはず。中間の稽古内容にも甘さが感じられますので押さえまで。

相手は2008年の桜花賞馬・レジネッタ。前々走の中山牝馬Sでは勝馬の0秒2差で5着、そして前走、福島牝馬Sを制覇し復活と考えてよいでしょう。

マイルを中心に使われていますが、オークスで3着の馬ですから2000メートルも問題ないはずです。

ブライティアパルスは、元々能力の高い馬。脚質に幅が出きましたので、今後は実績を積み上げることが期待されます。前走はオープン特別でしたが、ハイレベルのメンバー相手に3着。53キロの今回は要注意です。

◎ニシノブルームーン
○レジネッタ
▲ブライティアパルス
△テイエムオーロラ・ブラボーデイジー・リトルアマポーラ・ヒカルアマランサス