2010年【大阪杯】予想見解

阪神「大阪杯」4歳上G2 芝2000M

小柄な馬に59キロはいかにも重過ぎますが、もう斤量がどうのこうのという立場ではありませんね。

昨年、春秋のグランプリを制したドリームジャーニーにとってここはいかにも相手が楽。

前走、京都記念は若干太目残り。そして典型的な上りの競馬。前が止まらず、33秒3の脚でも届きませんでした。

今回もスローの可能性が高いですが、急坂のある阪神なら前回ほど上りが速くなることはありません。気持ちよく差し切ってくれるはずです。

相手はサンライズベガ。重賞レースで安定上位。仕上り途上の前走で中京記念4着、叩かれた今回は上積みも見込め、展開も有利。

押さえは前走の中京記念で復調したホッコーパドゥシャとタスカータソルテ。

ヤマニンキングリーは、天皇賞(秋)7着と同じ走りができれば十分馬券になりますが、今回はいかにも仕上がっておらず調教使い。買目を絞りたいレースでもあり、あえてカットします。

◎ドリームジャーニー
○サンライズベガ
▲ホッコーパドゥシャ
△タスカータソルテ