2010年【札幌記念】予想見解

札幌「札幌記念」3歳上G2 芝2000M

◎→○→△で3連単20,350円を的中させた函館記念と同様、重視すべきは洋芝適性です。

その函館記念で勝ったマイネルスターリーをもう一度狙いたくもなりますが、今回はG1級も含めメンバーが揃いましたし、鞍上も三浦に戻りましたので△まで。

本命は宝塚記念3着のアーネストリーに。宝塚記念の後は途中、短期放牧をはさみ栗東で2本、函館で4本時計を出していますが、もちろん秋を見越しての仕上げ。

しかし宝塚記念はロジユニヴァースやセイウンワンダーといった先行勢が失速したように、差し・追い込みに有利な流れを2番手で先行し0秒2差の3着。ブエナビスタやドリームジャーニーと差のない競馬をした実績を評価します。

札幌で現に芝2000Mを勝っていますので、洋芝適性も問題ありません。

相手は3歳のヒルノダムール。定量の54キロは古馬に比べ3キロ減。この斤量差は有利だと思います。スローペースのダービー9着は展開的に仕方のない結果、外を回って届かず2着の皐月賞が強い内容。

初の北海道遠征ですので洋芝の経験はありませんが、父マンハッタンカフェは札幌で2勝、母父がラムタラですから適正は高いはずです。

外枠に入ってしまいましたが、ジャミールは久々の函館記念で2着。馬込みをさばくのに手間取った分、勝馬に離されてしまいましたが、やや余裕残しの仕上げであの内容なら、ひと叩きされた今回は期待も高まります。

◎アーネストリー
○ヒルノダムール
▲ジャミール
△マイネルスターリー・ドリームサンデー・マイネルキッツ