2010年【シンザン記念】予想見解

京都「シンザン記念」3歳G3 芝1600M

軸には武豊のメイショウカンパクを狙います。やっと未勝利を勝ちあがったばかりですが、未勝利戦で恐ろしく速い時計を記録しています。

3走前、アグネスワルツ(次走、白菊賞も圧勝)が1600Mを1分33秒7で勝ったレース。ここで0秒3差の1分34秒0で2着でしたが、これは今回のメンバーで1番の好時計です。

その次のレースではテンの3ハロンを34秒3という速いペースで先行したため失速してしまいましたが、前走は全くの楽勝。ここでも相手関係から好勝負可能です。

G1の朝日杯FSで4着のガルボは、実績的に断然の存在。本来ならこの馬から入るべきなのでしょうが、前走で目イチの勝負をしたばかりなので対抗まで。池添に替わってどんなレースをするのかに注目。

あと牝馬ですが、タガノパルムドールは新馬戦で1600Mを1分34秒4の好時計で楽勝。まだ遊びながら走っているようで、力を出し切れなかった前走のようなことを繰り返さなければ、上位入線可能。素質は高いはずです。

◎メイショウカンパク
○ガルボ
▲タガノパルムドール
☆キョウエイアシュラ
△ピサノユリシーズ・カネトシディオス・エーシンホワイティ