2011年【セントウルステークス】予想見解

阪神「セントウルステークス」3歳上G2 芝1200メートル

人気ですが、ダッシャーゴーゴーから入ります。3ヶ月ぶりですが どちらかというと久々の方が走る馬です。

そして本番を控えた前哨戦もソコソコに仕上げてくるので馬券から 外すことはできません。高松宮記念(G1)の前哨戦であったオーシャ ンS(G3)も久々ながらキンシャサノキセキ相手に勝っております。

6月にポツンと出走したCBC賞(G3)は、58.5キロを背負いながらも 楽々と差し切った勝ちっぷりは、さらに力を付けた印象。

サンカルロも高松宮記念の前哨戦であった阪急杯(G3)を勝ったよう に、ここはある程度仕上げてきております。今回と同じ阪神で行わ れた高松宮記念で2着。左回りは苦手な馬なので、東京コースで行 われた前2走はマイナス材料にはなりません。

例年牝馬が活躍するこのレース。牝馬が強い夏競馬の延長と捉える ならエーシンリジルの好走も考えられます。CBC賞が軽ハンデながら 6着という点は気になりますが、この夏は馬体も大きくなり力も 付けてきました。前走の北九州記念2着のときよりも仕上がってきて おり、逆転の可能性もあります。

昨年と同じローテですが、やや下降気味なグリーンバーディーと 中間軽めなエーシンヴァーゴウは押さえまで。ラッキーナインは 59キロでスピード馬場への対応は厳しいと見て無印。

◎ダッシャーゴーゴー
○サンカルロ
▲エーシンリジル
△グリーンバーディー・エーシンヴァーゴウ

※9/10 18:00押さえ馬の見解を一部修正しました。

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: