2011年【日本ダービー】予想見解

東京「日本ダービー」3歳G1 芝2400M

降雨が続き馬場は悪化しそうですが、やはりオルフェーヴルが 1番人気となるかもしれません。

皐月賞の3馬身差が決定的だという方もいれば、楽勝だったという 見方もあります。確かにラスト100メートルだけを見ればそう感じ て当然です。

しかしレース全体を見ると、勝ったオルフェーヴルは前半リラッ クスした経済走行であったのに対し、2着のサダムパテックは出遅 れた上に掛かり気味。スムーズさを欠いた分、エネルギーの浪費が ありました。

そして直線。4コーナー内から上手く捌いて進出したオルフェーヴ ルは理想的な競馬。一方サダムパテックは直線で前が壁になり前が 開いたのが残り200メートル地点。そこから猛追したものの、 先に抜け出してスピードの乗っていたオルフェーヴルとは加速タイ ミングの違いだけで脚色に差はありませんでした。

前半でエネルギーを浪費しつつもラストではオルフェーヴルと同等 のパワーを発揮していたサダムパテック。決して力負けではないこ とは明らか。

弥生賞では好位からの競馬で結果を出しておりますが、調教師は 馬場が渋れば前で競馬したほうがいいとコメント。道悪への対応も 可能だと思います。

さらに競馬の後でもすぐに息が入るという、高い心肺機能を備えて いる馬で、距離延長は有利だと考えます。

相手筆頭はトーセンラー。皐月賞では不利な外目の枠が当たって しまったこともありますが、4コーナーで外に振られる大きな不利も ありました。

直線で物見をしていたといいますから、明らかな不完全燃焼で参 考にはなりません。2走前のきさらぎ賞(G3)ではオルフェーヴルの 追撃を振り切ったほどの力の持ち主で、今回は挽回に期待します。

皐月賞では持てる力を存分に発揮したオルフェーヴル。今年に入り シンザン記念(G3)から皐月賞まですでに4戦も消化。馬体も使うごと に減っているのが気になります。能力の高さは認めつつも、前走が ピークかなという感じもします。

押さえの筆頭はベルシャザール。皐月賞の惨敗は輸送後に大幅に馬 体を減らしたことが原因で参考外。速い流れを押し切ったホープフ ルSが強い内容。今回は後藤がどの程度行かせて粘りきるか。展開は 有利です。

皐月では不利な外目の15番ゲートから4着まで追い上げたデボネア。 強力な末脚とともに先行も可能な自在型。デットーリ騎乗で馬券圏 内も。

ナカヤマナイトの前走はやや追い不足。今回は上昇著しく注意。 あと自在性があり重馬場も苦にしないフェイトフルウォーも押さえ たいですね。

◎サダムパテック
○トーセンラー
▲オルフェーヴル
△ベルシャザール・デボネア・ナカヤマナイト・フェイトフルウォー

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: