2011年【函館記念】予想見解

函館「函館記念」3歳上G3 芝2000M

昨年の函館記念でも書きましたが、函館コースの特性として重視 したいのは、時計のかかる洋芝であるという点です。

単に時計のかかる馬場を得意とするタイプではなく、「洋芝」つまり 函館と札幌で実績のあるタイプを狙うのが基本となります。

今回中心に狙うのはコロンバスサークルです。特筆できる実績は 昨秋のエリザベス女王杯(G1)6着くらいでしょうが、3着のアパパネ とは0秒2差。

前走の五稜郭S(OP)が初の洋芝参戦となりますが、勝馬とは0秒1差の 3着。直線の後半は馬群に包まれて脚を余しました。スムーズなら 際どかったはずで、洋芝はピッタリ。同じ52キロならチャンスです。

相手はミッキーペトラ。過去には弥生賞(G2)で2着の実績がありま すが、前走までは1600万条件の馬。しかし前走が洋芝で鮮やかな 逃げ切り勝ち。

ハンデ57.5キロから今回は55キロ。同型がいるだけに前走のように スンナリとは行かせてもらえませんが、外の2〜3番手から早め先頭 というパターンも可能。鞍上が武豊に強化されますので、どのよう な戦法でくるのか、要注目です。

逆転があるとすれば、札幌で5勝、函館で2勝を上げている洋芝巧者、 というよりは昨年の覇者、マイネルスターリーです。ただ昨年の 56キロから2キロ増の58キロという部分が微妙なところです。

◎コロンバスサークル
○ミッキーペトラ
▲マイネルスターリー
△キングトップガン・ダイワジャンヌ・シャインモーメント

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: