2011年【阪神大賞典】予想見解

阪神「阪神大賞典」4歳上G2 芝3000M

有馬記念5着、AJC杯勝ちのトーセンジョーダンが取り消しました。となると調子落ちのオウケンVSデキ上昇中のG3クラスとなります。

実績、潜在能力ではダントツのオウケンブルースリがジャパンカップ7着(といっても勝馬とは0秒2差)の後は有馬記念11着、2月の京都記念が7着。ジャパンカップの反動が長引いているとしか思えません。今回も調教内容を見る限り回復している気配はなく押さえまで。

ここは好調ナムラクレセントから。オウケンの勝った菊花賞で3着、昨春の天皇賞が4着と距離適正は問題ありません。雨の予報もありますが時計が掛かればさらに有利です。

相手はトウカイトリック。前走は万葉Sで凡走しましたが、海外遠征帰りの一戦でしたから参考外。デキが戻れば上位争いは可能です。

軽ハンデも連勝中のコスモメドウ、力をつけているキタサンアミーゴも侮れません。

◎ナムラクレセント
○トウカイトリック
▲コスモメドウ
△キタサンアミーゴ・オウケンブルースリ