2011年【ジャパンカップダート】予想見解

阪神「ジャパンカップダート」3歳上G1 ダート1800メートル

昨年の覇者でフェブラリーS(G1)も制したトランセンドが、なんと ドバイワールドC(G1)でも2着。前走のJBCクラシック競走(G1)では 2着に甘んじましたが、あくまでも調教使いのレース。下手に力を 出しすぎてダメージを残すわけがありません。ここジャパンカッ プダートが最大目標であり、馬体もキッチリとベストの状態に仕 上げられたと見ます。

大外枠はハッキリ言って不利ではありますが、内を見ながら自分 のペースで外の2〜3番手に付けて、他馬の影響を受けずにジッと 追走すれば、後は追い出しのタイミングだけです。

前走はダート初挑戦で圧勝したヤマニンキングリー。阪神のダート 2000メートルで2番手、道中はペースが落ち着きましたが、テンの 3ハロンで踏んだ35秒1という通過時計は直線の坂を越えるので、か なりキツいラップです。それでいて直線では余裕すら感じさせる 押し切り劇。このメンバーでも好勝負可能です。

エスポワールシチーは2走前のマイルCS南部杯(G1)のような厳しい ペースを1番手で行くのなら連から外れることも考えられますが、 前走みやこS(G3)のように2番手で行くのなら直線はトランセンド との一騎打ちパターンかもしれません。

しかし前走後、疲れが残って少し楽をさせた感もあり、今週の追 い切りでは、追われてヨレるシーンがあって絞りきれていない可 能性もあります。

◎トランセンド
○ヤマニンキングリー
▲エスポワールシチー
△ダノンカモン・ミラクルレジェンド・ワンダーアキュート

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: