2011年【菊花賞】予想見解

京都「菊花賞」3歳G1 芝3000メートル

2冠馬オルフェーヴルの勝つ確率は、直前に風邪をひくとか輸送に よる影響とかがない限り、相当高いように思えます。風邪は分か りませんが、輸送に関しては最短の京都ですから大丈夫でしょう。 問題は距離とただ1頭の強敵・ウインバリアシオン 。

すべての馬が初めて体験する3000メートルという距離。一定レベル 以上のスタミナがあり、折り合える事が大前提です。不良馬場の ダービーでは2400メートルという距離以上にスタミナを要する状況 となりましたが、そこで3着以下を引き離したオルフェーヴルとウ インバリアシオンに距離適正の問題はありません。

折り合いに関しても5ハロン63秒5の超スローとなった前走の神戸新 聞杯(G2)で実証済み(というよりは練習済み)です。オルフェーヴ ルより前で競馬しなければ勝ち目の薄かったウインバリアシオンは 折り合いに専念するあまり後方のまま。わざと馬体を併せることも なく、菊花賞を前に予定通りダメージの残らないレースができまし た。

ダービーでは差を付けられたウインバリアシオンでしたが、馬体に 緩い面があった春よりもグンと成長。神戸新聞杯では、その気にな ればもっと肉薄できたはず。今回もスローで瞬発力勝負になるよう であれば、なおさらこの2頭の決着となりそうです。

あと、気になるセントライト記念(G2)組みですが、勝ったフェイト フルウォーにとってはかなりダメージの残るレースでした。中間は 負荷のかかる稽古ができていません。初の長距離輸送となる点も含 め不安が残ります。

同2着のトーセンラーは早くから調教を再開し、ダメージは少な かったように感じます。馬体にあまり成長が見られない点は気にな りますが、輸送減りするタイプかもしれません。輸送距離の短い京 都で行われたきさらぎ賞ではオルフェーヴルとウインバリアシオン を負かしており、最内枠で効率よく運ぶことができれば好勝負も 可能です。

◎オルフェーヴル
○ウインバリアシオン
▲トーセンラー

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: