2011年【小倉2歳ステークス】予想見解

小倉「小倉2歳ステークス」2歳G3 芝1200メートル

この時期の2歳特別や重賞戦は、ほとんどが新馬を勝ったばかりで予想のためのデータが少なすぎます。極端な話し、セリで馬を買うようなもの。実際に馬を走らせて走法やスピード、仕上がり具合を見て評価する「ブリーズアップセール」という2歳調教セールが海外では行われますが、まさにそのイメージです。

今回はどちらかというと2走以上走っている馬が多く、台風の影響も受けにくいと思われるため、新潟2歳ステークスよりもこちらを選びました。

本命はエピセアローム。緒戦はまだ腰の甘さが目立ったレースでしたが、2戦目で一変。ミドルペースの緩い時計でマイルの未勝利を勝ち上がっただけですが、ゴールまでほとんど持ったままの大楽勝は大物感たっぷり。まるで世界陸上の準決勝で後半流していたウサイン・ボルト状態でした。

マイルの新潟2歳を除外された経緯はともかく、前走で楽々とハナに立つスピードを見せており、この1200も追走は可能。潜在能力の違いで上位争いは必至と見ました。

相手は人気のマコトリヴァーサル。ラスト100メートルは手綱を緩めるほどの楽勝でしたが1分9秒0という好時計。5馬身差で2着のメイショウハガクレが次走オープンのフェニックス賞に挑戦(未勝利戦はパス)し勝ち上がったほどですから、決してレベルが低かったわけでもありません。ハナにはこだわらず好位からのレースとなりそうです。

穴は小柄ですが根性のあるシゲルスダチ。前走のフェニックス賞は3コーナー過ぎで前の馬が後退したため急ブレーキをかけるシーンがありました。しかし直線で2着まで押し上げた馬力と闘争本能はハンパではありません。4戦を消化し中1週となる点だけが気がかりですが、ここで勝ち負けできる能力の持ち主です。

◎エピセアローム
○マコトリヴァーサル
▲シゲルスダチ
△カシノラピス・キンシツーストン・アイラブリリ・メイショウダビンチ

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: