2011年【マイルチャンピオンシップ】予想見解

京都「マイルチャンピオンシップ」3歳上G1 芝1600メートル

いくら世界で活躍できても、日本では走らないというパターンは いままでたくさん目にしてきました。先週のエリザベス女王杯で 勝ったスノーフェアリーはまれな例です。

オーストラリアや香港で活躍した馬ならともかく、時計のかかる ヨーロッパでの実績は高速馬場の日本では当てはまらないと考える のが確率論的には正しいと考えます。

馬場が渋って時計がかかりそうなことは重々承知ですが、それでも 1分33秒台。フランスの2頭は対応できてもギリギリ馬券圏内には 入らないと予測します。

人気ですが、ここはリアルインパクト。前走の毎日王冠(G2)は ダークシャドウの究極の末脚に敗れましたが、距離が1ハロン長 かったし久々でプラス14キロ。斤量57キロで古馬と対等に戦える ことが分かっただけでも意味のある一戦でした。

2走前は3歳にして安田記念を制覇。先行して3ハロン通過が34秒3 で長い直線の坂もタレなかった能力は、平坦な京都でさらに威力を 増すはず。

相手の筆頭は、シルポート。前走は歴史的なハイペースで引っ張り 驚きのレコード決着を演出しました。安田記念でも3ハロン通過 33秒9で逃げて1分32秒4で走破。0秒4差の8着でしたが、坂のない 京都ならもっと粘れるはずです。

リディルは体質が改善され、グンと強くなった印象。前走のスワ ンS(G2)がプラス12キロでレコードに0秒1差の快勝。今ほどの迫力 がなかった春の安田記念でさえ0秒3差でしたから、今回、逆転が あるとすればこの馬です。

◎リアルインパクト
○シルポート
▲リディル
△エイシンアポロン・マルセリーナ・ミッキードリーム

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: