2011年【日経新春杯】予想見解

京都「日経新春杯」4歳上G2 芝2400M

二の脚、三の脚でジワジワと詰め寄ったジャパンCを制覇した ローズキングダムは、期待された有馬記念をせん痛で回避。

せん痛を起こした後2日間は軽い運動だけでしたが、 その後からは坂路で乗り出したということ。

他の馬と同様仕上がりの点は、正月休みの影響だけを注意すれば いいでしょう。

やはりジャパンカップ激走の影響は残っていたはずで、 逆に間を空けた今回の方がリフレッシュされている可能性もあります。

58kgなら出したい、と調教師が事前にコメントを発していたからか その通りのハンデに落ち着きましたが、58キロなら勝ち負けとなるはず。

相手は56.5kgのルーラーシップ。 ダービーが0秒3差の5着でしたが、休養前は素質だけで走っていたという陣営。

約6ヶ月ぶりで12キロの馬体増だった鳴尾記念(G3)を勝ち、 ある意味ロングスパートで勝ちにいった前走の有馬記念は0秒4差6着。 母が名牝エアグルーヴという超良血で、まだまだ成長の余地も感じられます。

ヒルノダムールは前走後、ちょっと乗り出したのが遅くて仕上がりに疑問。 ここはあえて1点で。ワイドも押さえますが…。

◎ローズキングダム
○ルーラーシップ