2011年【大阪杯】予想見解

阪神「大阪杯」 4歳上G2 芝2000M

G1馬が揃って見ごたえ十分!と言いたいですが、もちろん ここは本番への臨戦過程。潜在能力とともに、仕上がり具合と勝負度合い、 そして斤量差を見極めたいと思います。

ここは59キロですが、実績と距離適性でエイシンフラッシュが浮かんできます。 放牧後のひと叩きというケースで私が59キロを背負う馬を本命にすることは稀です。 それでも勝つだろうという理由は、あくまでも相手関係を考えてのこと。

筋肉痛で菊花賞を回避したように、昨秋は本調子ではありませんでした。 それでもジャパンカップと有馬記念はどちらも勝馬から0秒4差と格好はつけております。 しかし今回は万全に立て直してきました。期待していいと思います。

キャプテントゥーレは皐月賞、そして今回と同じ阪神2000メートルで行われた 朝日チャレンジC(G3)を勝つなど文句のない舞台。 ひと叩きして順調に良化。春の天皇賞は距離不向きで、ここ勝負の可能性が高いです。

ドリームジャーニーは前残りの有馬記念で出番なしといった格好。 状態もイマイチだったのかもしれません。 右前の球節に爆弾をかかえる今は、レースを使いつつ仕上げていくしかありませんが、 直線の短い阪神の内回りは得意のコース。58キロなら一発は警戒しなければなりません。

◎エイシンフラッシュ
○キャプテントゥーレ
▲ドリームジャーニー
△ヒルノダムール・リディル・ダノンシャンティ