2011年【札幌記念】予想見解

札幌「札幌記念」3歳上G2 芝2000メートル

先週も書いたのですが、同じ格上馬でも春の無理使いがたたって いるにも関わらず、秋に向けて賞金を加算しなければならない つらいケースもあれば、秋を見据えて、調教代わりに使う余裕の パターンもあります。これもある意味、夏競馬の傾向といえるで しょう。

なので格や実績よりも、好調な馬から狙ったほうが、実際に当た るケースが多いのです。ただしこの札幌競馬では、洋芝実績だけ は決して無視できないことをここで重ねて強調しておきたいと思 います。

ということで、ここは好調度と洋芝実績を重視し、軸はアクシオ ンにしました。昨年の札幌記念では3着。宝塚記念を制した アーネストリーとダービー馬のロジユニヴァースが1、2着でし たから、今回のメンバーなら十分勝負になる可能性があります。

北海道シリーズ限定ともいえる馬だけに、ここ勝負は明らか。 前走の函館記念3着は軽ハンデの2頭に先着を許しましたが、 定量戦の今回は、負けられないところです。

8歳馬キングトップガン。目黒記念を勝ったのが51キロで、前 走の函館記念は54キロながら斤量的な面から人気にはなりませ んでしたが、クビ差とはいえ馬群から抜け出すときにワンテンポ のロスがあった差し切りは、着差以上の強い勝ち方でした。

洋芝で初出走となり軸にはできませんが、カリバーンは今後が期待 できる馬です。1000万から白富士S(OP特別)まで3連勝。

白富士Sで競り勝った2着のリディルは安田記念で勝ち馬から0秒 3差(7着)の馬、3着のセイクリットバレーは5月の新潟大賞典を 制しました。休養明けではありますが、逆に成長度合いを見込んだ ほうがいいかもしれません。

有馬記念5着のトーセンジョーダンは、まともならここでは負け ちゃいけない馬。帰厩してまもないので常識的には仕上がり途上で すが、最近では牧場でかなり仕上げてくるパターンもあり全く無視 するわけにもいきません。

◎アクシオン
○キングトップガン
▲カリバーン
△トーセンジョーダン・コスモネモシン・ヤングアットハート・レッドディザイア

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: