2011年【関屋記念】予想見解

新潟「関屋記念」3歳上G3 芝1600M

勢いと将来性からはエアラフォンを選ぶべきなのでしょうが、 人気でしかもコース経験なしというのは、多少リスクを感じます。

ここは新潟巧者セイクリッドバレーから狙います。 3歳時は夏の新潟で1000万を勝って、続くセントライト記念(G2)で ナカヤマフェスタに半馬身差及ばずの2着。

その後中央場所ではそれ以上の成績はありませんが、新潟では 昨年の新潟大賞典(G3)、関屋記念(G3)でともに2着。そして今年 5月の被災地支援新潟大賞典(G3)で重賞初制覇。

前走のエプソムC(G3)は3着でしたが、向正でブレーキを踏んで 位置取りが悪くなり、直線では馬群を捌くのに手間取る不利が ありました。しかしラストの伸び脚は一番目立っており、やはり 直線の長いコース向き。新潟でこのメンバーなら期待できます。

相手は1600万を連勝してきたエアラフォン。前走は接戦を制した 形でしたが、58キロを背負ってのもの。京都での走りっぷりから も平坦のほうが合っているかもしれません。

スズジュピターは前走のエプソムCで馬場の悪いところを通った にしても13着は悪すぎます。意味不明な負け方もあれば、公に できない敗因があるのも競馬です。2走前の谷川岳S(OP)で2着を 評価して見直したいと思います。

◎セイクリッドバレー
○エアラフォン
▲スズジュピター
△エイシンサクセス・サトノフローラ・サトノフローラ

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: