2011年【高松宮記念】予想見解

阪神「高松宮記念」 4歳上G1 芝1200M

ダッシャーゴーゴーはモマれ弱い面があるので外目の枠は歓迎。昨秋のスプリンターズS(G1)では降着となってしまいましたが、キンシャサノキセキには決定的な差をつけております。

久々の前走がプラス14キロと成長を見せており、得意の阪神コースならチャンス十分。成績にムラがるのは気になりますが、今後の短距離界をリードにも好勝負を期待します。

短距離路線に的を絞り連勝中のジョーカプチーノ。3歳時はファルコンS(G3)、NHKマイルC(G1)を制覇。1年半の長期休養後の緒戦だったスワンS(G2)は3着でしたが大幅に体質が強化されていました。マイルCS(G1)は9着ながらテンを33秒7で飛ばし1分32秒4で走破した能力が驚異的。

ハンデ58キロの前走シルクロードSは、出負けしながらもスローの先行馬ペースを楽々と差し切り快勝。先行逃げ切りパターンを続けてきた馬が、4コーナー大外を回りラスト3ハロン32秒6を使ったあたり、潜在能力の高さを示すものです。中山の急坂を凌いで1分7秒3で押し切った前々走の内容から初となる阪神コースも問題はないでしょう。

◎ダッシャーゴーゴー
○ジョーカプチーノ