2011年【天皇賞(秋)】予想見解

東京「天皇賞(秋)」3歳上G1 芝2000メートル

昨秋、頂点を争ったメンバーとそれに匹敵する上がり馬を加えた 超豪華メンバー。ただし、潜在能力よりもデキ、臨戦過程、枠順 がレースを左右しそうな予感がします。

ここをぶっつけで使うブエナビスタや不利な大外枠に入ってしまっ たアーネストリーよりも、京都大賞典(G2)で順調な滑り出しに成 功したローズキングダムから狙います。

昨秋のジャパンカップでは勝負処の直線で挟まれ後退、さらに抜け 出そうとしたところで再度挟まれそうになり進路を変える不利も ありました。それでもゴール前でグイグイと伸び1位入線のブエナ ビスタに迫った地力には驚きました。

ブエナビスタが降着となり繰り上がりの優勝となったわけですが、 あの不利さえなければブエナに先着していたのではないかと、パト ロールビデオを見れば見るほど思えてきます。

春は斤量が応えたのかデキの問題なのかは分かりませんが、この 馬らしさがありませんでしたが、夏をうまく過ごして59キロの前走 が強い勝ちっぷり。フランスで3年連続リーディングの名手メンディ ザバルを背に、ジャパンカップで見せた地力を再度見せてくれるは ずです。

ブエナビスタは昨年のこのレースで圧勝。東京の2000メートルが もっとも適しているような気もしますが、今回は4ヶ月ぶりでしか も強い追い切りができていません。5歳の秋ですからズブくなった ということかもしれませんが、次のジャパンカップに照準を合わせ ているように思えます。

アーネストリーは宝塚記念以降、進化したように感じられます。宝 塚記念ではレコード決着となる速い流れを先行し、ラストの急坂も 関係ないかのような押し切り勝ち。前走は59キロを背負いながらの 調教使いで楽勝。

ただこの大外枠。他馬を気にせず自分のペースで上がっていけるの はいいですが、すぐに迎えるコーナーである程度の位置に付けなけ ればいきなり外を回る距離ロス。スタートでいきなり脚を使うこと になるので終いの粘りに影響が出る可能性があります。しかし今回 は過去最高のデキ。逆転も考えられます。

出走権を賭けた毎日王冠で厳しいレースをしたダークシャドウ。絶 対に届かないと誰もがあきらめたと思いますが、脅威の末脚でクビ 差交わしました。レコードのハナ差2着と健闘した大阪杯(G2)ですで にG1級の力を出していた馬で能力的にはここでも勝負になりますが、 疲れのたまりやすい馬。中2週ではまだ前走のダメージが残っている のではないでしょうか。期待している馬ですが、今回は重い印を打 てません。

◎ローズキングダム
○ブエナビスタ
▲アーネストリー
△ダークシャドウ・エイシンフラッシュ・ペルーサ

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: