2012年【菊花賞】公開予想

京都「菊花賞」3歳G1 芝3000メートル

マウントシャスタは前走の神戸新聞杯で2着と敗れましたが、久々 ということで力が入りすぎてしまい実力を発揮できませんでした。 内に入って前の馬を捌くのに手間取ってしったのも敗因の一つ。

宝塚記念では、4コーナーすぎで先頭に立ち押し切ろうという強引 な競馬で、ゴール前の坂で差されてしまい5着。これは1コーナーに 入る前に坂を越える阪神の2200メートルで、テンの3ハロン34秒3と いう厳しいペースを好位で追走したためです。

同じ位置で追走したアーネストリー(前年の宝塚記念優勝馬)が 7着であったことからいっても、この馬はよく粘っていましたし、 心肺能力は相当なもの。古馬G1であの内容は、十分評価できます。 スタミナも十分感じられ、長距離戦向きといえます。

一叩きしたことで、前回とは違い直前もリラックスしている様子。 前走のようなことがなければ、道中で力を温存し、早めにスパー トして押し切ることも可能だと思います。

相手は皐月賞馬・ゴールドシップ。ダービーを勝ったディープブリ ランテが脚部不安で回避(右前脚に屈腱炎を発症)。同2着のフェ ノーメノは秋・天皇賞に出走予定ですから、実績では抜けた存在と いえます。

しかしダービーは5着。勝馬からは0秒2差と差はそれほどありませ んが、速い上がりの競馬となったため、最速の上がり33秒8でも届 きませんでした。

今回も、スローから一気に流れが速くなる勝負処で加速するタイミ ングが遅れる可能性も考えられます。仕上がり的には余裕残しであっ た前走の神戸新聞杯を快勝し、さらに上昇。逆転もあります。

◎マウントシャスタ
○ゴールドシップ

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: