2012年【きさらぎ賞】予想見解

京都「きさらぎ賞」3歳G3 芝1800メートル

ここは久々も相当な潜在能力を感じるアルキメデスから狙います。 新馬戦はスローでヨーイドンの競馬でしたが、ラスト2ハロンを 11秒0−11秒3で引き離し、着差以上の強い勝ちっぷり。

前走の京都2歳ステークスはテンションが高く、スローペースで行 きたがるところを後方でなだめた分、パワーロスがありました。ま た外々を回った距離ロスもありましたが、差のない4着。

リフレッシュした今回は、追い切りでトーセンラー(昨年このレー スを勝ち、菊花賞は3着)と併せて先着し、さらにパワーアップが 感じられますので、好勝負は間違いありません。

相手はワールドエース。前走の若駒Sは超スローの流れで前に有利 な重馬場。それを分かりながら直線まで最後方待機と折り合いを覚 えこませるためだけの稽古だったような競馬でした。

2番手追走のヤマニンファラオを交わすのがやっとという内容でし たが、今回のきさらぎ賞をはなから想定しての叩き台だった可能性 もあります。

新馬戦はスローだったため時計は遅いですが、直線で抜け出すとき の加速は素晴らしく、重賞のここでも上位争い可能です。

穴はシンザン記念2着のマイネルアトラクト。先行力があり展開有 利。前走は先行し、ゴール前で二の脚を使う強い内容でしたが、こ こにきてさらに上昇を感じさせる稽古の動き。粘りこむシーンも考 えられます。

◎アルキメデス
○ワールドエース
▲マイネルアトラクト
△スノードン・ヒストリカル・ローレルブレット・ベールドインパクト

メルマガで毎週、重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。

メールアドレス: