2012年【神戸新聞杯】公開予想

阪神「神戸新聞杯」3歳G2 芝2400メートル

調教の動きにズブさが目立つが、実績断然のゴールドシップか、それとも好仕上がりで絶好調のマウントシャスタか?かなり迷いましたが、ここはマウントシャスタから。

マウントシャスタは宝塚記念5着が唯一のG1実績ですが、この内容はその着順以上に評価できるものです。4コーナーすぎで先頭に立ち押し切ろうという強引な競馬で、ゴール前の坂では上位馬には差されてしまいました。

しかし1コーナーに入る前に坂を越える阪神の2200メートルで、前半3ハロン34秒3、5ハロン58秒4という厳しいペースを好位で追走した結果であり、同じ位置で追走したアーネストリー(前年の宝塚記念優勝馬)が7着であったことからも、終いはよく踏ん張ったし、決して距離が長かったという訳でもありません。

もちろん3歳馬のアローワンスで53キロという軽量を利したことも確かですが、この夏で馬体を大きく成長させたように当時が成長途上であったことも確かです。

この距離ですからスローに近いミッドペース。3コーナーから一気に速くなる展開が予想されますが、その勝負処でキチっと対応できる能力とデキの良さも強調できます。

相手はもちろんゴールドシップ。調教が動かないのはこれまでと同じで、レースでも行きっぷりが悪いけれどエンジンさえ掛かればというステイヤー気質。休み明けの取りこぼしということは想定しなければなりませんが、2400メートルでこのメンバーなら格好はつけてくれるはずです。

ベールドインパクトは追い込みの効かない日本ダービーで9着。追い込みの効かない馬場に泣いた感じですが、追い切りで好時計をマークしたように成長が見込める馬です。

ヒストリカルは毎日杯(G3)の勝ちっぷりが圧巻。日本ダービーではゲートで腰をぶつけるアクシデントがあったので参考外ではありますが、距離適正という部分ではマイナス。まして菊花賞を目指すというタイプではありませんが、スローでよーいドンの展開になれば上位入線の可能性もあります。

◎マウントシャスタ
○ゴールドシップ
▲ベールドインパクト
△ヒストリカル

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: