2012年【毎日王冠】公開予想

東京「毎日王冠」3歳上G2 芝1800メートル

9月の中山開催と同様、今回の東京開幕週も、初日の2歳500万(芝1400メートル)でレコードが出る高速馬場。そして東京の芝1800といえば内枠有利のコースですから、1番枠から逃げるシルポート、4番の先行馬カレンブラックヒルに有利です。

しかしここは外目の不利な枠に入ったエイシンフラッシュの力が違いすぎます。有馬記念でオルフェーヴルの0秒1差2着は記憶に新しいところですが、東京コースの実績だけでも上がり32秒7で制覇した日本ダービーに加え、快時計の出た昨年の天皇賞(秋)で2000メートルを1分56秒8で走破した記録もあり、速い時計決着は歓迎。

ドバイ遠征明けの前走(宝塚記念)よりも状態はいいようですから、直線では逃げたシルポートも、好位から抜け出したカレンブラックヒルも最後には交わすでしょう。

相手は安田記念(G1)を制したストロングリターン。同厩のリアルインパクト相手に2週続けて優勢の追い切り。休み明けとしては今までにない仕上がりの良さを見せ、上位争いは間違いありません。

カレンブラックヒルは新馬、500万、G2、G1と4連勝。NHKマイルCは強風や雨の影響もあって時計のかかるコンディションで平凡な時計でしたが、2走前のニュージーランドTは1週前のダービー卿CT(G3)よりも0秒3速い時計で走破。先行馬に有利な馬場状態に加え、枠順も有利、成長力も合わせればこの相手でも好勝負可能です。

◎エイシンフラッシュ
○ストロングリターン
▲カレンブラックヒル
△リアルインパクト・ダノンヨーヨー・フェデラリスト・シルポート

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: