2012年【新潟記念】公開予想

新潟「新潟記念」3歳上G3 芝2000メートル

ここは、いよいよ本格化を迎えそうな素質馬・ステラロッサから狙います。3歳時はスプリングS(G2)でオルフェーヴルから0秒2差の3着。その春、NHKマイルC(G1)を勝ったグランプリボスにはアタマ差先着しております。

今年は半年ぶりの1600万で勝ち、続くオープン特別も2着と好調でしたが、やはり体質の弱さが災いし6月の降級戦で凡走。しかし前走の天の川ステークス(1600万)では立て直した効果が現れ、プラス14キロの馬体ながら上がり時計32秒3を記録。展開のアヤで3着と敗れたものの、体質の強化とともに素質開花の兆しが見えてきました。

相手はエクスペディション。500万から1600万まで3連勝した素質馬で、ある方面では小倉記念(G3)を勝ったこの馬と2着トーセンラーとの再戦と見られているように、この夏の急成長株。初の左回りコースとなりますが、コーナー2回の新潟なら気になりません。

穴はコスモネモシン。前走クイーンS(G3)では大敗しましたが、滞在とはいえプラス20キロは重すぎ。本来はG3の上位常連組で、昨年は新潟で行われた福島牝馬ステークス(G3)で2着と得意のコース。絞れて終いの切れが顕著な追い切り内容から、好勝負可能。

七夕賞(G3)、七夕賞(G3)と連続2着で人気のトーセンラーですが、ひたすら長いバックストレッチはいかに自分のペースでジッとしていられるかがポイント。その点、外16番枠はマイナス。しかも使い詰めの影響か、中間少し楽をさせたよう。追い切り内容からはお奨めできません。押さえまで。

◎ステラロッサ
○エクスペディション
▲コスモネモシン
△トーセンラー・アスカクリチャン・トランスワープ・タッチミーノット

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: