2012年【桜花賞】公開予想

阪神「桜花賞」3歳G1 芝1600メートル

前走チューリップ賞(G3)の走りがなんとも残念ではありましたが、 新馬を一叩きしただけで挑んだ阪神ジュベナイルF(G1)の圧勝劇は ジョワドヴィーヴルの頭抜けた能力を証明しております。

前走は明らかに本番前の一叩きで、ダメージを最小限に抑えつつ、 馬込みの中に入れる競馬を練習させるためのレースでもありました。

しかし下手に馬群の中に入れるよりは外から伸び伸びと追い上げる 戦法がベター。それは鞍上の福永騎手が痛いほど実感したはずです。

2連続開催の最終週で馬場の内側が傷んできた中、外枠が当たった のも何かの縁。今回は叩いて順当に上昇しており、阪神ジュベナイ ルFと同様、外から堂々と追い上げてくるシーンが見られそうです。

ヴィルシーナは使うレースの距離や東京遠征など、どちらかという とオークスを狙っているようなイメージもありますが、マイルのク イーンC(G3)で先行しながら終いも11秒0−11秒4と二の脚を使って 押し切った内容はここでも通用。安定感ではむしろこちらの方が上 かもしれません。

ジェンティルドンナは牡馬相手のシンザン記念(G3)を制覇。この馬 も前走のチューリップ賞は4着と期待を裏切りましたが、中間の熱 発で力を出し切れるデキではありませんでした。その分、上昇度で は一番。

◎ジョワドヴィーヴル
○ヴィルシーナ
▲ジェンティルドンナ
△エピセアローム・サンシャイン・パララサルー・アイムユアーズ

※馬券はヴィルシーナ流しも少々押さえてみようと思います。

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: