2012年【関屋記念】公開予想

新潟「関屋記念」3歳G3 芝1600メートル

人気ですがマイル戦での力量ということではドナウブルーが抜けた存在。3歳時は体質の弱さがネックとなり実績を残すことはできませんでしたが、年が明けた京都牝馬S(G3)を勝ち、ヴィクトリアマイル(G1)が2着。

特にヴィクトリアマイル(G1)は テンの3ハロンが34秒4、5ハロンが58秒2という先行馬には厳しい流れを2番手で追走し、0秒1差の2着に粘ったのですから、その心肺能力は相当なもの。

血統的にも牝馬2冠ジェンティルドンナの全姉で、体質が改善されてきた今後はさらに上を目指せる素質馬です。

メンバー的にもペースが落ち着きそうな今回、そして平坦コースとなれば十分押し切り可能です。

相手には昨年の覇者、レインボーペガサス。使い続けると調子を落としてしまうタイプで、昨年と同じように休み明けでここ目標に調整されてきました。

3走前の京成杯オータムH(G3)がトップハンデで前半引っ掛かりながらも3着。地力を発揮すればまだまだ好勝負できる馬です。

エーシンリターンズは桜花賞でアパパネの0秒1差3着とその後の活躍が期待された馬ですが、距離がマイルまでの短距離馬。3走前の阪神牝馬S(G2)で4着、そして2走前が1ハロン長い1800のオープン特別で勝つなど本来の力を出せるようになってきました。

前走は明らかに太目残りで惨敗も仕方なし。中2週と長距離輸送で絞れる計算も立ちますが、この時期、調子を上げてくる夏馬なので要注意。

◎ドナウブルー
○レインボーペガサス
▲エーシンリターンズ
△マイネイサベル・エアラフォン・ゴールスキー

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: