2012年【宝塚記念】公開予想

阪神「宝塚記念」3歳上G1 芝2200メートル

春や秋のG1戦線や海外遠征にピークを持っていくトップレベルの 馬たちにとってこの宝塚記念はやはり微妙な時期に組まれたレース。

直前まで出走を迷っていたオルフェーヴルは、ファン投票で断トツ の1位でなかったら出てはこなかったはず。

ここはピークのデキに近く、この春力を付けてきた馬から狙ってみ ようと思います。中心はショウナンマイティ。2走前の大阪杯(G2) で重賞初制覇。超スローで前の馬に断然有利な展開を4コーナー最 後方から直線だけで差し切りました。

前走鳴尾記念(G3)もスローで、直線は2番手から抜け出したトゥザ グローリーが楽々と引き離すレースでしたが、4コーナー大外を回 り半馬身差まで迫っての2着。急坂を駆け上がるラスト1ハロンで 11秒を楽に切っておりましたので、爆発力は相当なもの。

3歳時は持てる力をフルに発揮できませんでしたが、今期は折り合い も付くようになり本格化寸前。展開には左右されますが、ネコパン チが逃げ、今回はアーネストリーもピタリと先行する流れなら、こ のメンバーでも差し切る可能性はあります。

相手は前走、ショウナンマイティの急追を凌いだトゥザグローリー。 自在性はありますが、外枠から自分のリズムで行けるかどうかがカ ギとなります。

有馬記念でオルフェーヴルから0秒1差の3着。久々の前走を勝って ここはピークに近いデキ。逆転も考えられます。

オルフェーヴルは3歳4冠に続く4歳緒戦の阪神大賞典(G2)で伝説を 書き換えました。行きたがって抑えきれずに先頭に立ってしまった 向正面で逸走、大きなコースロスとともにブービーまで下がりまし たが、そこからまた盛り返して2着。

負けはしましたが、これほど強い競馬を見たことはありません。 デキが悪くても使ってくる以上は、圧勝するかもしれません。ただ 分からないのは前走の敗因です。馬が走る気をなくしてしまったの なら再度惨敗する危険性もあります。

配当は付きそうなので、押さえは手広く。

◎ショウナンマイティ
○トゥザグローリー
▲オルフェーヴル
△エイシンフラッシュ・ルーラーシップ・アーネストリー・ウインバリアシオン

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: