2012年【天皇賞・秋】公開予想

東京「天皇賞・秋」3歳上G1 芝2000メートル

香港のクイーンエリザベスC(G1)を楽勝し、宝塚記念もオルフェー ヴルとわずか0秒3差2着で人気を集めているルーラーシップですが 調教後の馬体重が526キロと、宝塚記念出走時と比べプラス30キロ。

休み明けではありますが、じっくりと乗られ筋肉も逞しく万全に近 い仕上げ。そのほとんどが成長分だという見解もありますが、5歳に してそこまでの成長があるでしょうか?

この天皇賞の優勝賞金は、ジャパンカップ2億5000万円、有馬記念 2億円に比べるとグンと落ちて1億3200万円。歴史も格式も関係ない と言った価格設定(笑)ですが、これならば天皇賞を叩き台に使っ て2億5000万(あの強い馬が出てきて2着でも1億円)のジャパンカッ プを本番という設定も考えられます。

金曜日にも時計を出していますし輸送もありますので、当日はある 程度絞れてくるとは思いますが、どちらにしても太目残りの可能性 がる馬よりは、今秋一叩きしている馬を軸に選ぼうと思います。

本命は3歳馬・フェノーメノ。ルーラーシップと同じ社台の馬で、 使い分け云々は気になるところですが、56キロなら他の有力古馬勢 と比べても対等以上の力を持っています。

日本ダービー(G1)はハナ差の2着でしたが、ゴール板に駆け込んだ 脚色は、勝ったディープブリランテに勝っていましたし、先週の菊 花賞を制し2冠達成のゴールドシップ(5着)にも先着。レベルの高 い今年の3歳でナンバーワンの実力馬です。

前走のセントライト記念(G2)は早めに先頭に立つ危うい騎乗でした が、楽々と押し切りました。それでもレース後に「まだ目一杯やっ ていない分、直線でモタれた」と調教師がコメントしていたように 余力を残した仕上げでしたから、叩かれて上昇著しい今回は好勝負 間違いありません。

相手はルーラーシップ。有馬記念(G1)が0秒2差4着、香港のクイーン エリザベスC制覇、宝塚記念が0秒3差2着とこの1年でさらに地力強化。 太目の可能性はありますが、しっかりと調教を積んだ上でのもの。当 日の天気が微妙ですが、馬場が渋るようだとこの馬の方が有利です。

ダークシャドウは昨年の2着馬。JRAレコードの0秒1差で1分56秒2を マーク。昨年は賞金が足りなかったため毎日王冠を使っての参戦で したが、今年は札幌記念をステップと、陣営の考える理想的なローテ でのリベンジ。ただこの馬も調教後の馬体重532キロですから当日の 馬体重が気になります。

マイルを中心に使われ、ここまで無敗のカレンブラックヒルは、初の 2000メートルで不利な外枠。昨年の覇者でスーパーレコードの持ち主 トーセンジョーダンは、球節を痛めて宝塚記念を回避、札幌記念も裂 蹄で回避、昨年とは状況が違います。どちらも押さえまで。

◎フェノーメノ
○ルーラーシップ
▲ダークシャドウ
△トーセンジョーダン・カレンブラックヒル・ナカヤマナイト・エイシンフラッシュ

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: