2012年【天皇賞(春)】公開予想

京都「天皇賞(春)」4歳上G1 芝3200メートル

阪神大賞典(G2)のまさに勝負どころであった3コーナーでまさかの 制御不能状態。大きくコースを外れながらも2着まで挽回したオル フェーブルの強さは歴史という観点から判断しなければならない レベル。課題を克服していけば「史上最強」と言われる馬になるか もしれません。

調教再審査に合格したからといって、あのような潜在している危険 性がなくなったわけではありません。試練の大外18番ゲート。トレ センでの調教審査が仮免試験なら、今回が本番の路上試験というこ とでしょうか。

前回ほどのことがなくても、折り合いを欠くシーンは想定の範囲内。 オルフェーヴルから狙いつつもリスクは最小限に、相手は1頭に絞 ります。

簡単に絞れるメンバーではありませんが、昨秋の天皇賞(秋)で スーパーレコード、ジャパンカップで先行しながらブエナビスタの クビ差2着に粘ったトーセンジョーダン。あの地力は、折り合いを 欠いたオルフェーヴルを上回る可能性もあります。

天皇賞(秋)のレコード勝ちとジャパンカップのクビ差2着で相当 なダメージを負ったはずなので、有馬記念の5着は評価を落とすも のではありません。休養で馬体を緩め、リフレッシュというかリ セットされた前走の大阪杯はまだ緩い状態でしたが、一叩きされた 今回は急上昇。馬券はこの2頭の馬単表裏でシンプルに攻めたいと 思います。

◎オルフェーヴル
○トーセンジョーダン

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: