2013年【フィリーズレビュー】公開予想

阪神「フィリーズレビュー」3歳G2 芝1400メートル

前売りでは上位3頭の人気が割れておりますが、9月に中山で行われ た芙蓉Sをビデオで見れば見るほど、サンブルエミューズの強さが 際立って見えてきます。

基本先行脚質のサンブルエミューズですが、芙蓉Sは出遅れたこと もあり最後方で待機。3コーナー手前から一気に進出したので、そ こでちょっと脚を使いすぎた感じでしたが、フラムドグロワール (その後朝日FSで4着)以下を上り33秒9という非凡な切れ味で差し 切りました。

走破時計も1分34秒5と2歳の9月時点ではかなり優秀。以前ホエール キャプチャがオルフェーヴルを負かした時の芙蓉Sが1分35秒3でした から、この時点で桜花賞候補といえるほどの内容だったわけです。

2走前の阪神ジュベナイルF(G1)は、テンの3ハロン34秒1という超ハ イペースの流れをガリガリと3番手で付いていってしまい失速。前走 フェアリーステークス(G3)は早めに抜け出しソラを使ったためと、 敗因ははっきりしており、今回は教訓を生かしたレースで挽回して くれるはずです。

相手はメイショウマンボ。キャリア1戦で臨んだ阪神ジュベナイルF は内目の枠で出遅れて馬群に飲み込まれてしまった感じでしたが、 1月の紅梅ステークス(OP)は重馬場で2着と、地力の高さを示しまし た。前走の500万特別では他馬を子ども扱いの楽勝。その前走を上 回るデキの良さなら、ここも好勝負可能です。

サウンドリアーナは、ハイペースを追走したこともありますが阪神 ジュベナイルFの17着は負けすぎ。ローブティサージュに3馬身差の 圧勝だったファンタジーS(G3)からも、今回の1400メートルがベスト なのかもしれません。ただ、今回は仕上がり途上という気もします ので、使われている馬に比べると割引が必要です。

◎サンブルエミューズ
○メイショウマンボ
▲サウンドリアーナ
△ノーブルコロネット・ラトーナ・シーブリーズライフ

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: