2013年【函館記念】公開予想

函館「函館記念」3歳上G3 芝2000メートル

このレースは毎年、巴賞をステップとして使ってくるパターンが 恒例となっており(中1週ですが滞在競馬なので回復は早い)、 今回はそこを勝ったエアソミュールが人気の中心となりそうですが 私は2着だったサトノギャラントを本命にしました。

2走前は1600万クラスではありましたが、ハンデ58キロを背負い 上り32秒5の脚を使いました。そのためか前走は後方待機から徐々に 進出する作戦をとりましたが、東京とは真逆の小回りコースで脚を 余してしまいました。

勝馬とは斤量差よりは位置取りの差。ハンデも相対的に有利となっ た今回は、距離も1ハロン長くなり、逆転は可能です。母スティン ガーという良血馬でさらに上昇の余地もあり、ここは飛躍のチャンス。

相手は前走巴賞を勝ったエアソミュール。2走前の鳴尾記念(G3)は ほぼ最後方から最速の上りで4着まで詰めましたが、巴賞では好位 からソツのない競馬。自在性と洋芝適正から今回も好勝負可能。

レインボーダリアは56キロのエリザベス女王杯を制覇。この2戦は 忙しすぎるマイル戦でもあり結果を出せませんでしたが、立て直し て、ここ函館は昨年1600万を勝った舞台。洋芝適正は十分で、適 距離の今回は女王の意地を見せる場面も。

トウケイヘイローは前走2000メートルの鳴尾記念を勝ちましたが 洋芝の適正は未知数。産経大阪杯(G2)で0秒4差4着に好走したトウ カイパラダイスは中間皮膚炎を発症した経緯があり、押さえまで。

◎サトノギャラント
○エアソミュール
▲レインボーダリア
△トウケイヘイロー・トウカイパラダイス・モズ・メイショウウズシオ

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: