2013年【きさらぎ賞】公開予想

京都「きさらぎ賞」3歳G3 芝1800メートル

一昨年の3冠馬・オルフェーヴルをはじめ、ネオユニヴァースやメ イショウサムソン(ともに二冠)などクラシック戦線で活躍する馬 がこのレースをステップとして使ってきました。

その意味で池江厩舎の良血馬、リグヴェーダが人気を集めそうです が、私が魅力を感じたのはバッドボーイです。

未勝利勝ちまで3戦を要し500万も3着。東京スポーツ杯2歳S (G3)では大きく出遅れ最後方からの追走でしたが、上り33秒9 の脚を使い最後の最後で5着まで追い上げました。

スタートを決めた前走ラジオNIKKEI杯(G3)は、ハナに立っ てスローに持ち込み直線では先行3頭の叩き合い。勝ったエピファ ネイアには交わされましたが、キズナ(3着)には競り勝って2着。

これまで一戦ごとに力を付けており、強敵相手に好走した実績から 今回も好勝負となるはずです。

相手は池江厩舎の期待馬、リグヴェーダ。日本ダービー5着の後、 ダートG1を勝ちまくったゴールドアリュールを兄に持つ血統馬で す。まだ新馬を勝ったばかりですが、センスのある勝ちっぷりに陣 営も自信満々。

中山の京成杯にも出走する予定でしたが降雪のため中止。栗東に戻 る際に12時間半も要し、かなり馬体減りしてしまったということ です。延期された京成杯は回避し順調に回復したとのことですが、 レースではその影響が出ないとも限りません。

穴はマズルファイヤー。血統的な魅力もなく未勝利脱出までに4戦。 ただ、ソエを改善し約3ヶ月ぶりだった前走が、ラスト1ハロンを 持ったままで4馬身差の楽勝。中1週でビシリと追われた今回はさ らに上昇しており、このメンバーでも好走する可能性があります。

◎バッドボーイ
○リグヴェーダ
▲マズルファイヤー
△ラストインパクト・インパラトール・タマモベストプレイ

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: