2013年【スプリングS】公開予想

中山「スプリングS」3歳G2 芝1800メートル

人気のロゴタイプは父ローエングリンということもありますが、 これまでのレース内容を見る限りマイルがベストの馬。ここは 本番・皐月賞の2000メートルを見据えた試みの舞台といえます。

本命はマンボネフュー。ロゴタイプがレコ勝ちしたベゴニア賞 で0秒2差の2着。ゴール前の脚色に差はなく、最内枠の勝馬に対し 大外枠でしたから、実力はほぼ互角といえます。

皐月賞と同じコースで行われた2走前の寒竹賞(500万)はゴール 前でグイッと抜け出し、地力の高さと距離適正を証明。着差以上 の力差を感じさせました。

前走の共同通信杯(G3)は直線で前がふさがる不利。前が開いてか らは十分な加速を見せましたが間に合わず5着。一旦ブレーキを かけてからの加速でしたから参考外。今回は得意の中山、好勝負 に期待します。

相手は爆発力を秘めたアドマイヤオウジャにしました。札幌で 新馬を勝って、すぐに放牧。4ヵ月半の休養明けで挑んだ阪神マイ ルの500万特別ではじっくりと後方待機。4コーナーを回り直線中 ほどから他馬を交わしはじめゴール前で最後の馬をギリギリ捕ら えました。

時計のかかる馬場コンディションであったため、1分36秒0と勝ち時 計は遅いですが、阪神の急坂を駆け上がるラスト1ハロンは11秒を 切る瞬発力(推定)。絶対に間に合わないような位置から全馬を差 し切った能力はここでも通用しそう。

前走の若駒ステークスは入れ込んでしまい末脚が不発。厩舎でじっ くり立て直した今回は万全の体勢で巻き返し可能です。

ロゴタイプはベゴニア賞でレコード勝ち。朝日FS(G1)も制覇し、実 績ではリードしておりますが、距離適正とともに気になる点が一つ。 超ハイペースの朝日FSを2番手で追走し、テンの3ハロンを34秒3と いう過酷なラップを踏んでおります。

これはゴール前の急坂で失速してもしかるべき状況ですが、逆に押 し切ってしまったのですから、凄い能力に驚くと同時に反動も心配 されます。

潜在能力の高さで圧倒してしまうかもしれませんが、目に見えない ダメージが残っている可能性も考えられます。

◎マンボネフュー
○アドマイヤオウジャ
▲ロゴタイプ
△アクションスター・タマモベストプレイ・ヘルデンテノール・ フェイムゲーム

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: