2013年【弥生賞】公開予想

中山「弥生賞」3歳G2 芝2000メートル

今年こそは武豊の完全復活を!という希望的観測があるからかも しれませんが、本日のチューリップ賞(G3)でクロフネサプライズ を3馬身半差の圧勝に導いた手腕に期待してキズナから狙います。

2走前の黄菊賞は500万クラスとはいえ、萩S(OP)2着のトーセンパワ フルや次走阪神JF(G1)で5着となるカラフルブラッサムなど、そこ そこレベルの高いメンバーが揃っていましたが、ブッチギリの圧勝。

前走のラジオNIKKEI杯(G3)で3着と敗れましたが、1000メートル通 過が66秒0という超スローペースの中、前半は行きたがる自身との 戦いが続き、それが終いに影響したように思えます。

今回は放牧明けですが、精神的な成長が見られたとのこと。馬体も しっかりしたので、これまでの坂路中心からCWコース中心の追い切 りに切り替え、調教面での効果も期待できそうです。

桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯を勝ったファレノプシスを姉に 持つ良血馬でもあり、このクラシックコースで前走の雪辱を果たす 可能性は高いと見ました。

相手はコディーノ。東京スポーツ杯2歳S(G3)のレコード勝ちを始め 時計決着のレースで好勝負を演じてきました。ただ、2歳戦にして は過酷なレースをし続けた気もします。その反動が出なければこの 馬に圧勝される可能性もあります。

エピファネイアは3戦全勝。まだ底を見せていないだけでなく、日米 のオークスを連勝した名牝シーザリオを母にもつ素質馬ですから、 この上位2頭とほぼ同レベルの評価をする必要があります。

◎キズナ
○コディーノ
▲エピファネイア
△クロスボウ・カミノタサハラ・バッドボーイ・サトノネプチューン

メルマガでも毎週、この重賞レース予想を配信しております。ご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。解除も簡単です。
  ↓  ↓

メールアドレス: