ルメール デムーロ兄 相違点

JUST競馬予想ブログ

ざっくり比較

読了までの目安時間:約 3分

 


ルメールにあってデムーロ兄にないもの。またその逆は。

様々データをひっくり返して調べ直してみたのだが、主だって2つ、相違点のようなものが見つかった。

重賞勝利数 9・13・14・20/11・13・18・15

GⅠ勝利数     1・4・4・8/ 4・4・6・4

<ルメール/デムーロ>(左から順に'15・'16・'17・'18の成績)

コンスタントに重賞を勝っているのはデムーロで、尻上がりに勝負強さを増してきたのがルメール。

この点はイメージ通りだろう。

ただ、重賞クラスになると、派手に活躍するのがデムーロという印象と、その結果には相違が見られる。

どう考えても、大ブレイクするのはルメールの方だ。

昨年の勝ち方は、どの角度から見てもえげつなさを感じさせた。

平場勝利数 72・124・131・143/75・79・100・98

特別勝利数     31・49・54・52/32・40・53・40

今度はどうだろう。勝ち星は数が違うのだから差は出るが、それぞれの割り合いの違いは、皆の印象通りではないだろうか。

至極単純な話に落とし込むと、午前中から元気なルメールと昼休憩後のデムーロ。

デムーロは3:1の割り合いのはずのレースの絶対数の対比に、'16、'17両年で、明らかな力の入れ具合の違いのようなものが結果に出ている。

ルメールは限りなく、3:1になりそうな勢いなのに対し。

おかげで、収得賞金がデムーロの方が下になるケースが現状で、40億3年連続キープのルメールは、名実とも、日本最高レベルの騎手と誇れる状況にある。

これに地方、海外の賞金と騎乗料以外も雑収入まで含めると、意外なほど、ルメールの方がやる気満々なことに気づかされる。

いや、細かなことは気にしないイタリアンらしいデムーロと、ここはすべきなのか。

でも、これは不変であろう。

4・2・1・1/3・4・2・2

勝ち星の比較で、ここ2年は両者ともに、純国産騎手を突き放している。

勝てないから仕方ないではない。勝ちたいと思う気持ちがに折り合いをつけつつ、結果にどう反映されるかという問題を、我々に突き付けている。

武者修行帰りの若手・中堅に見習うところは、案外多いはずだ。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

タグ : 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方